FC2ブログ

50代熟女と若い男のセックス

若い年下男が好きな50代熟女が20代の男のあそこにむしゃぶりつく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕のあそこをねっとりと

動きが艶めかしい

そして舌の動かし方もすごい

僕のあそこはねっとりした感触に包まれてもう・・・

video cap0039 video cap0040 video cap0041 video cap0042


愛する夫と結婚し幸せな日々を過ごしていた玲だが唯一、欲求不満で悩んでいた。その理由は夫の勃起不全…。夫との営みを試みる中、股間を膨らませ覗き見る義理の息子。玲は内気な息子が性に目覚め自分に対し欲情していると知ると童貞である息子に対し操を奪いたいと願いはじめる…。




今、団地妻たちの間で、危険な勃起薬が流行っているらしい…。この団地の人妻たちは童貞の筆おろしをするための手段は選ばない!!狙われた団地内の童貞君たちと、若くて固い彼らのチンポを離さず、2連続で射精させるまで許さない貪欲ぶりを発揮する団地妻たち!



韓国ドラマ系アダルト作品。あるカメラマンの男。男は未だ童貞だった。しかしある日義理の母にいきなり襲われだれるがままに筆おろしされる。義母は男を見下しからかい続けるが遂に男はキレてしまい、今度は逆に義母に襲い掛かり義母を思うがままに辱めるのだった…。そうして女を服従させる快感に目覚めた男は仕事で会ったモデルの女にも激しく欲情するのだった…。



ローターポケットシースルーハーフバック・ブラック
ローターポケットシースルーハーフバック・ブラック
ビターなカラーで夢を描く不埒なスタイル。 ■カラー :黒 ■サイズ :W58~70cm H87~95cm ■素材 : ポリエステル100%






ベストフレンドローション 180ml
ベストフレンドローション 180ml
低価格の色つき・味付ローション。各180ml入り








アンダーマスク
低価格ながらSM入門グッズとして十分活躍する品質を誇る、トアミの「レザー&メタルシリーズ」です。高級かつ重厚な本革製品などに比べると、どうしても見劣りする部分はありますが、アイテムのバリエーションが非常に豊富で、どれもチープさを感じさせることなくSMシーンの甘美な雰囲気を演出することができます。







精媚 蛇睾丸 (160粒)
ヘビ類の優れた強壮パワーにスッポンやマカ、ガラナ、ムイラプアマなどの植物成分をプラスした、ウルトラ級の増強サプリ。






IC-7
IC-7
バイブ=IC-7といわれたほどの名作です。基本的な性能は備えており、故障・トラブルが極端に少なく長くご愛用いただけます。






D型メタルハンドカフス
D型メタルハンドカフス
使い方次第でフレキシブルに楽しめる自由度の高さがあり、SM初心者から上級者まで幅広く対応するのもポイントです。







ジェリー4040
大手通販雑誌でお馴染みのジェリー。厳選された天然ハーブを配合して適量塗るだけで女性の秘部のゆるみ・たるみを引き締めます。使用感は潤滑ゼリーとしても高評価なのですが、これまた部屋一杯に充満するハーブの匂いは好みが別れるところ。
内容量:50g×3本







ZEUS ワイヤレスリモートバタフライ
発売以来、多くの低周波マニアを唸らせ、その“イタ気持ちいい”電気刺激の虜にさせている、XRブランドの「ZEUSシリーズ」。本作はそのシリーズの中でも特殊な位置づけとなる、無線リモコン型モデルです。







おしおきベッド

空気で膨らませるエアーベッドに手枷・足枷を取り付けた、簡易大型SM什器です。膨らますのには苦労がいりますが、その分収納スペースや持ち運びに頭を抱えずに、気軽な気持ちで遊べます。








常盤響子 ねっとりセックス好みの四十路


<動画詳細>
昔はねっとりしたセックスが好きでよくやっていたという四十路熟女の常盤響子さん。会話をしただけでカチンコチンになっている男性のチンコを優しくなでなで。マンコを弄るとすぐに膝がガクガク!腰砕けになりそうなのをやっとの思いでなんとか立っています!続いてマンぐり返し!「やー!」と悲鳴を上げるもののマンコを手マンされると気持ち良く喘ぎます!生理前なのかマンコは充血し鮮明な色!カメラ目線でチンコをフェラチオし正常位挿入!是非ご覧ください!豊満熟女、超熟女、三十路、四十路、五十路、六十路有名女優、美人熟女の無修正動画



スポンサーサイト
[PR]

  1. 2016/06/23(木) 21:58:49|
  2. 手コキフェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホテルに入るなりいきなり

ホテルに入るなりいきなり
「すぐにしゃぶらせて!」
洗ってからのほうがいいよ
と言ったけど、
「ううんかまわないから早く」
なんてこともありました。

duga40路50路お口と手こき


熟女の成熟したカラダで男の一物をいじり倒す。性欲に駆られた痴熟女が自ら男の股ぐらにまたがり尻を上下に動かせ、声を高らかに喘ぎ叫ぶ!!前後上下の騎乗位で動かすたびに、ネチャネチャと卑猥な音をたててよがりまくる!若い子とは違う完成された身体をご堪能有れ。




すごく魅力的なカラダを持て余す奥様はちょっと草食系な男子が好きらしい…。刺激が欲しくなり遊び心で好みのオクテ男子を誘惑!性的欲求を抑えきれない奥様のやさしい性の手ほどきの数々!控えめな男子でもこの誘惑は拒めない…男なら1度は体験してみたい出来事が実は身近に起こっているんです!!











  1. 2013/12/04(水) 18:39:54|
  2. 手コキフェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近所のおばさん

隣家に住んでいた、成田さんの奥さん。
30代のかわいらしい人だった。

子供はまだ4歳くらいで、その子を幼稚園につれていく姿は
とても微笑ましい母子という感じ。

でも、ある夏の夜、ぼくは成田さんの女の側面を強く感じさせられることになる。

僕は受験勉強をしていた。まだ部屋にクーラーがなかったので、窓を開けて
風を入れてなんとか熱い夜を我慢しながら。

そしたら突然女性の呻くような声が聞こえてきた。

「あああーんん、うふうううう!!!!」
「うううん、もっと」
隣家からだとすぐに察することができた。

隣家もクーラーがなかったのか、窓を開けっぱなしにしていたから。

でも僕はあのかわいらしいお母さんである成田さんが、こんな大胆な声を
出すということが信じられなかった。
そして同時に、そのかわいらしい成田さんが全裸でセックスしている場面を想像して
心臓が痛くなるくらいどきどきした。
そして勉強どころではなくなり、何度も何度もオナニーで射精をしてしまった。

それは翌日もまた一日おいてと続いた。
はっきりと会話みたいに聞こえるときもあった。
「ああ…後ろから!あううう…」
旦那さんの声は聞こえてこなくて、いつも奥さんの声だけ。

でも何で去年の夏はまったく聞こえなくて今年からなんだろう…?
それに先月だって熱い夜はあったのになぜ急に今月に入って…?
聞こえてくる日が何日か続いた後に、そんな疑問を持った。

でも、ほどなくその理由がわかった。






ちょっとエッチな近所のオバさん、渡瀬優さん。タケシくんがトイレに入っているところに入っていくと、汚いチンコをいきなりフェラチオします!戸惑うタケシくんをよそに渡瀬優さんはベロベロと舌を出しいやらしい目線を送りながらチンコを舐め回します!こんなことあったらたまりませんね!あっという間に発射させると今度は渡瀬優さんがタケシくんに女性の身体を説明。脚を開いてマンコを見せると「ここがクリトリスでー、その下が…」とゆっくり説明しますが、タケシくんのチンコはもう爆発寸前!クンニや手マンをした後は背面騎乗位でガンガン突いて激しく昇天!
















  1. 2011/05/11(水) 20:18:17|
  2. 手コキフェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最初の年上女性との体験2

Yさんは、左手を僕の股間に置いた。僕は綿生地の短パンをはいていた。
僕は顔が熱く熱くなるのを感じた。こんなところを誰かに見られたくない!
そんな焦りの気持ちで顔が充血してきたみたい。
でも同時にこれから起きるかもしれない事態を予測して、心臓も大きく太鼓を打っていた。

僕のおちんちんが勃起し始めた。それをYさんに気づかれないようにしたくて、からだを
動かそうとした。でも、当たり前にその変化はYさんに伝わった。
膨らんだ短パンの上から、Yさんは僕の固くなったおちんちんを軽く握った。
「ふうううう」というため息のような吐息が僕の耳の後ろを這ってきた。
僕の心臓は音が聞こえるくらいに打っていた。心臓が破裂するって、こういうこと?
Yさんの手は、固くなった僕の陰茎を摩るように動き始めた。
「あうっぷう」僕は、声を出しそうになって慌てて息を止めた。
「ごめんね、こんなことして、でもね、かずき君もいつかは経験するのよ」
「でも絶対お母さんには内緒にしてね」
僕は、返事もできずにただ前を見ていた。
Yさんに握られた自分の股間を見るのが恥ずかしかったから。
Yさんは、短パンの上から握っていた手を離し、僕のTシャツの裾をめくって、短パンの中に
手を入れようとしてきた。僕は反射的にからだを起こしてそれを防ごうと思った。
ほんとはそこまで期待していたはずなのに…なぜかからだは逆に反応してしまった。
Yさんは、耳元でいった。「大丈夫よ、じっとしてて、ね」
そして右手で僕の肩を押さえた。
僕は抵抗をやめた。
Yさんの左手は、短パンの中にもぐりこんで、パンツの中にまで入り込んだ。
そしてすでに生えそろっていた陰毛をかき分けるように固く起立している陰茎の
根元に達した。さらに根元から亀頭近くまで手を移動させた。
Yさんの吐息が大きくなってきた。その息は僕のうなじが濡れるみたいに熱くて
湿っていた。背中にはYさんの呼吸に合わせてやはり大きく前後しているのが、あたる
乳首の感触でわかった。
Yさんの手は、陰茎上部を軽く握りながら、やわらかい皮膚を擦るように上下動させて
きた。僕は、「くうっ」と声をあげてしまった。その手の動きからくる感覚は、自分でオナニーするときのものと
まったく違っていた。下半身から顔のあたりまで電流のようなものが一気に駆け上るようだった。
僕は必死に声を抑えながら、そのこれまで感じたことのない気持ちよさに堪えていた。
頭の中は、とにかく早く終わってほしい!という気持ちと、このままずっとこのままこの気持ちよさを感じていたい!
その両方のことでいっぱいになっていた。
そしてさらにもうひとつのことが心配になった。このまま射精してしまったらどうしよう?
パンツの中で漏らしてしまうなんてできない!
Yさんの手の動きは止まらなかった。僕は自分でも限界だと思った。
「あっあの…」Yさんに、出ちゃいそうだと伝えようと思い、声を発するつもりだった。でもまともに
声が出ない。
「いいわよ、このままいっちゃいなさい!」Yさんはそんな僕を察したのか、そう言った。
「えっでも、このままじゃ」何とか喉を振り絞って言いかけたとき、僕の下半身は炎に焼かれるような
酷い熱さを感じた。そして全身の筋肉が張り詰めて息がとまった。僕は一瞬腰を浮かした。
「がっ」吐き出すような声が出て、我慢して我慢しておしっこをした時に少し似た感触を自分のおちんちんに
感じた。次の瞬間、全身のちからが抜けて、からだを支えるのがやっとのような状態になった。
しばらくすると、おちんちんの先端とパンツの間にぬるぬるした感覚があらわれた。

「ふうううう…」Yさんも、深い息を吐いて、僕のからだから離れた。
fc2ランキングタグ










以前アルバイトに来ていた女子大生に頼んで虐めてもらいました。驚異的にそそり勃つ肉棒が、指で弾き、手でビンタしてブラブラピンピン揺れるのを面白がって延々と続けています。ちんちんと金玉を手を入れ替えながら弄くって搾り取る技で、拘束したM男をひーひー鳴かせます。









  1. 2010/05/25(火) 15:05:03|
  2. 手コキフェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最初の年上女性との経験

僕の初めての年上女性との性体験は、そのまま僕の人生での初体験になった。
童貞喪失とか筆おろしなどという表現まではいかないけれど、僕にとっては
忘れることのできない性体験になった。

母親がパートで勤める会社の慰安旅行に付き合って伊豆に出かけた。
僕はそのとき中学2年生だった。
全部で12-3人のグループで、社長夫妻とその子供そして女性パート3人と小学生を含めたその家族、
そして正社員の女性と男性で一緒に電車で伊豆の民宿を目指していた。
車中、パートのYさん、母親の同僚になるが、母親よりは少し若くたぶん
年齢は30代後半だったろう。そのYさんが僕を何度も見ていた。僕もその
視線に気づいてその都度目が合って、なんだか気まずい思いをしていた。
ほっそりして、顔も面長、美人とは言えないけど、僕にとってはとても
大人の女性を感じさせる雰囲気だった。これが女性の色香なのかな?そんなことを
感じてしまい、すごく恥ずかしかったので目が合うと気まずい思いをしたのだ。

近くの観光地を周って、海で磯遊びをし、民宿の夕食をみんなで楽しんだ。
男性たちは、食堂でまだ酒を飲んでいた。
子供たちは、大部屋に布団を敷いて雑魚寝のような状態で寝てしまった。
僕は、となりの部屋のテレビで洋画を見ていた。最初一緒に見ていた親たちも、しばらくすると
布団のある部屋に移って寝てしまった。
「かずきも早く寝なさいよ」僕の母親もそう言い残して寝に行ってしまった。
「ねえ、かずき君、ここでテレビ見てるとみんなに聞こえて邪魔になるから2階で見たら?」
後ろから声をかけてきたのは、Yさんだった。
僕は、洋画を終いまで見ていたかったので、「はい」と言ってひとりで2階に上がった。
誰もいなくて、布団も敷いていない2階の部屋は暗くてシーンとしていた。
テレビを点けて、少し音を小さめにして同じ洋画を見始めた。
しばらくすると、Yさんが階段を上がってきた。ひとりだった。
僕は何だか胸がどきどきしてくるのを感じた。
『そんなはずはない』自分で想像していることが嫌で恥ずかしかった。

Yさんは、僕の斜め後ろに座った。
「かずき君は映画がすきなのね」
僕は小さな声で「はい」と答えのがやっとだった。
とにかくYさんとふたりきりでいることを誰にも気づかれたくなかった。
それは、だれかに咎められるなんてことではなくて、Yさんと僕との間に何かが起きるなんて、
いやらしい想像をしてしまう僕自身が嫌だったから。
僕は、テレビの画面を見ているようで実は画面にうっすら映るYさんの様子を見ながら、早く
映画が終わってくれないかな、と考えていた。

「えっ」僕はからだが固まった。
Yさんが、後ろから僕に抱き付いてきたのだ。
「しっ!声出しちゃだめよ」「ごめんね、ちょっとだけこうさして」
Yさんは、両腕を僕の体に巻きつけて、顔を僕の首の後ろあたりにくっつけていた。
Yさんの吐く息が僕のうなじを通して暖かく感じられた。
そして背中にふたつの突起のようなものが当っている感触がする。Yさんは、Tシャツ
姿だった。そのふたつの丸い突起のような感触は、Yさんの乳首だと思った。
実際の女性の乳房の感触はまだ知らなかったけど、背中に感じるそれは乳房の弾力や丸みでは
ないと思えた。
Yさんは、痩せ形であまりおっぱいは大きくなかった。それは昼間盗み見るようにして
Yさんの胸部分を見ていたのでわかっていた。
つづく

寮母c2






  1. 2010/05/20(木) 12:31:05|
  2. 手コキフェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。